09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 

writes     CLOSE▲  
2009/10/12 Mon 23:23:47
取りあえず、まずはこっちを見といてください。
→前記事
ちょっとダラダラと長ったらしいですが、
話はそれからだ。


で会社に着いたら着いたで
夜中から続く停電で、
工場がまともに動き出したのが16時半ごろで
結局ろくに仕事になりませんでしたよ。
まあ、僕は検査は電気が無くても出来るので、
一人黙々と作業してましたが。
ライン作業者の皆さんは一日掃除してました。

あと実は同期の一人が新車を買い、
前の土曜日に納車されたばかりで
この台風を食らったそうで。
彼は反対番の夜勤だったので今日知ったんですが、
会社の駐車場で、
他に社員の車が沢山あるにもかかわらず、
よりによって彼の新車に
吹っ飛んできた看板がクリーンヒットしたそうな。
1週間たたずにボンネットに
エグイ傷がついてしまいましたとさ。
まあガラスが割れたりとかが無かったのが救いだと思います。

あと補足。
水につかった電装小物の中に、
6年近く愛用しているMP3プレーヤー
「GIGA BEAT」が含まれていました。
完全にお釈迦です。
気に入ってたのに…。
以前パソコンが逝った時の懸念が
いまさら現実のものに…。

あと皆が気になるだろう、
冠水状態からの脱出方法。
結論自体は単純です。

「エンジンを止めるな!」
「車を止めるな!」

基本的に車に何かトラブルが起こりそう、
または起こっているときに、
まだエンジンが動いているならば
それを維持するのが大抵の場合のセオリーです。

また、エンジンは物凄い勢い(圧力)で
空気を循環させながら動いています。
エンジンを止めるとその圧力が無くなり、
一気に水を吸ってしまうと想像したからでもあります。

また、車を進め続けたのは少しでも
水につかっている時間を少なくするためでした。
実際の行動としては、ギアを1速に入れ、
高回転をキープしつつ半クラッチでジワジワ脱出しました。

前の記事ではかっこよく書いたけど、
実際はパニック寸前のとっさの行動でしたが。
靴の中までチャポチャポ言わせながら
ペダル操作とか生きた心地がしなかった…。

後で整備士さんに聞いたところ、
ほぼ正解だったようです。
推測どおり、エンジンをとめた瞬間に
一気に水がエンジンに流れ込み、
廃車確定だったそうで…。
ただ、一つ注意点は、
無駄に高回転にしすぎても
吸気口の吸引力が強くなりすぎて、
そこから水を吸ってしまう可能性もあるそうですが。

普通のAT車の場合は、
1速の代わりにDからL(2)に入れて脱出が正解です。

まあ、それ以前に
冠水の可能性の低いルートを選択するのが
まず最優先ですが。
水につけて車を壊すより、
時間がかかったほうが遥かにマシです。

と言う事で、車の修理は保険がおりるそうですが、
上限の10万以上になってしまう可能性もあるらしく、
MP3プレーヤーも新調しないといけないし。

まだまだ厄いです。
後厄の今年はまだ3ヶ月近く残ってるんですが、
無事乗り切れるか不安です。

僕は生き残る事が出来るか!?

「今度の仕事でまとまったカネが入るんだ」
「それで俺、来年になったら新車買うんだ」
「ねんがんの アイスソ(ry
スポンサーサイト

日記 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
台風一禍 
2009/10/12 Mon 22:09:52
厄年のターンはまだ終わっちゃいないZE☆

と言う事で、
今回ばかりは僕ばかりな訳ではないんですが
やられましたねぇ。
人造にn台風18号ですよ。
各地に多大な爪あとを残していったヤツですが、
僕にも多大なダメージを与えていきましたよ。

前日の夕方に緊急ミーティングがあって、
てっきり
「明日はオヤスミ(or半休)にするよ☆」
って話だと思ったら、
「出社に時間かかるだろうし、なにかあると困るから、
早めに会社に出てきてね★」
って無茶言われました。
後から聞けば、某T社系は休みだったってぇのに…。

で、問題は台風当日の木曜日の早朝でした。
そもそも夜中、激しい風雨の轟音と窓のガタツキで
まともに寝れてなかったんです。
寝れないまま朝を迎え、
私は少し呆とする頭のまま、
仕方無しに愛車に乗り込みキーを廻しました。
幸い、私のアパートは山の中腹、
高いところにあったので、
周辺は木の枝やら落ち葉が
散乱している(進行形)程度だったのです。

しかし里に下りてみると、
そこには別世界が広がっていたのです。
見慣れていたはずの街は
まるで廃墟のように光をなくし(停電的な意味で)、
ブロック塀は砕けとび、
看板は飛び散っていました。
もちろん脳内BGMはTOUGH BOY

そんな中、会社からの指示を守るため、
ハンドルを取られないよう慎重に、
信号が止まっていたのでより慎重に、
愛車を走らせていたのです。

今思い返せば僕の判断ミスでもあった、
と言えるかもしれません。
いまだ少し寝ぼけた頭は
車を確実に前へ進める事に
集中しすぎていたのかもしれません。

いつも通りの海岸に近いルートを走っていたのです。
ただでさえ台風、しかも早朝なので
他に走っている車は少なく、
その時も周りには、
後ろについてくるシビック位しかいませんでした。

ある交差点にさしかかろうと言うところで、
ザバァ、とフロントに水しぶきが立つと同時に
前輪の接地感が希薄になり
換わりに進行方向に対する抵抗が大きくなりました。
道路が冠水していたのです。

改めてみればまだ、バンパーぐらいの水位、
後続車もいるし、突っ切れ!
と車を進めたのが間違いでした。

数mも進んだところで一気に抵抗感が増し、
気づけば水位が
一気に上がっているじゃないですか!

しかも車内には何処からとも無く
チョロチョロと小川のセセラギの様な音が…
(って、まさか浸水してる!?)
と思った時には既に靴の中に
水が溜まりだしていたのです。

恐る恐る、助手席の足元を見れば、
水槽の如く水が溜まり、
「チャプチャプ」どころか、
「だっぱんだっぱん」と波立ってましたよ。

そして僕の悪い癖ではあるんですが
シガーソケットからの電装小物を
普段から足元に置いてるんです。
…後はわかるな?

にっちもさっちも行かなくなり、
本能的、と言うか
大学での自動車工学等からの
車の構造を思い出し、
そこから最善の方法を類推し、
何とか冠水域を脱出、
迂回ルートで会社にたどり着きました。

それから「CHECK」ランプ他、
いくつかの警告灯が点灯しっぱなしとなり、
そこはかとなくエンジンも不調っぽいので、
終業後、すぐにディーラーへ駆け込み
代車を借りて、今に至ります。
ちなみにストリートです。
さりげなくエンジンは
ビートと同じの積んでたりする憎いヤツです。

もうちょい書きたい事あるけれど、
長くなったので別記事で。

日記 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
新城ラリー2009 
2009/10/01 Thu 00:18:53
9月の26日27日の2日間にかけて
新城でラリーが行われていたので
エボⅩ大好きな友人Aを伴って
見に行ってきましたよ。
→公式HP

スポーツカーとか二人とも大好きなので
駐車場からwktkでした。
parking
ずらりと並んだ歴代インプレッサとか。
割と全国からの観戦客が来てて、
上のインプ達も色んな所のナンバーが付いてました。

twinkle
当然(?)痛車もチラホラ。
上のは個人的に好きな漫画の仕様車だったので。

三菱提供のシャトルバスで会場に入って
想像以上の人に驚きつつ、
スタートまでは時間があったので各社のブースを覗いてきました。
地元企業だけあって、
どかーんとメインステージの両脇に
三菱とADVAN(横浜タイヤ)のブースが
でっかくとられていました。

三菱では過去のラリー参戦車数台と
エボⅩ、i-mive(電気自動車)、コルト・ラリーアートが
展示してあって、
下の三車は中を見たり、座ったりも出来ました。

ADVANも幾つかの車両展示と
グッズ販売をやってました。
s_rally01
展示車両の一部。
ADVANのエボⅩに一緒に写ってるのは友人A。

他にもスバルやスズキ、
各タイヤメーカーやホイールメーカー、
ベストカーなどの雑誌系、
後はレカロもブース出してました。
レカロはいろんな種類の見本シートに
実際に座って試せるコーナーがあって
正直、欲しくなった…でも高価い…。

他にサービスパーク(各出場チームが車両整備するところ)
も一般公開されていて、
スタッフの邪魔にならない程度に近付いて
まじまじと眺める事が出来ます。
s_rally02
メロンブックスw
s_rally03
オリジナルキャラの痛仕様の車も。
s_rally04
こんなところで見るとは思わなかったロータス。
s_rally05
シビック Type R

こんな感じ。

んで飲食ブースで
ジャンボウインナーやハツのから揚げ、猪肉串焼きを食って
(改めてみると肉ばっか…orz)
腹を満たしたところで、セレモニアルスタート。
メイン会場から競技区間へ向けて
順番に参加車両がスタートしていきます。
s_rally06
最初の2台。

ちなみに、このスタートを全部見てると、
最初の観戦できる競技区間のスタートに完全に間に合わなくなるので、
競技が見たい人はこれを諦めて、早々と競技区間の方に
移動しないといけません。
僕らは、最初の10台くらいを見送って、移動しました。

で、観戦出来る場所は、足場の悪い山の斜面を
それなりに歩いて到着します。
本当に山の中なんで、サンダルとか無理です。
なんとか1台目のスタートに間に合わず、
2台目からの観戦となりました。
折角なんで写真も撮ってみたんですが、
流石に速くて
s_rally07
半分以上、こんなのばっか…orz
気分を変えて、途中場所を移してから、
少しはまともに撮れました。
s_rally08
s_rally09
s_rally10
s_rally11
s_rally12
まあ、まだブレブレではあるんで
クリック非推奨ですが。
気合の入った人達は、望遠レンズで超連写してました。

あと最後のはスタッフの救援車両ですw
大爆音でコーナーを駆け抜けていく車達は大迫力でした。

あと英国大使館もこの大会に協賛してたらしく、
英国車紹介コーナーとかもありました。
s_rally13
更にそれ関係で、ケータハム・スーパー7の
デモランとかもやってました。
s_rally14
走ってる様子は動画でとったんですが
上げる技術が無いので割愛。
土煙揚げまくりの超ドリフトしまくりで
こっちも凄かった。

あと抽選で2人、デモ走行に同乗出来るんですが
残念ながら外れてしまいました…。

なんにせよ、思ったよりかなり楽しめたんで、
機会さえ合えば来年も行きたいと思います。

旅行・ドライブ |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。