02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 

writes     CLOSE▲  
ファーストランの続き 
2010/03/21 Sun 07:12:26
さて、前回のファーストランの続きです。

ディーラーを出た後、早速
かるく慣らしがてらに浜松まで友人に自慢しに
車を走らせました。

途中、今回の新車購入にあたり、
多大な貢献をしてくれたいつものMを拾いつつ、
そこそこ車通りの多い道をチョイスして
浜松へ向かいます。

Q...何故、わざわざ車の多い道?
A...それは目立つ為に決まっていますw

さすが発売直後の新型車!
目論見どおり、すごい注目を浴びました。
やもすればソッチの趣味(?)に目覚めてしまいそうなほどにw

とくにミニバンのおじさん方に
ガン見される事が多かった気がします。
あと、とても珍しいM所有以外の
旧インサイトとすれ違った時に
思わず互いに見つめ合ってしまったり。

友人宅へ着くなり世間話もそこそこに
ひとしきり新車自慢をして試乗会。
Mは後席の乗りごごちを確かめるぜ!
と後ろに潜り込んでいきましたが
数分で音を上げました。
身体を張って後席のマイルシートぶりを証明してくれました。

後ろでMが参っていたので早めに切り上げ、
帰りはR1で帰ってきましたが、
その時にチョロっとSPORTSモードを試しました。

一気に車の性格が変わって
がんがんアシスト、ハイレスポンスで
タコメーターが跳ねます。
急いでNORMALに戻しました。
他のモードでは燃費を意識してか
かなりマイルドセッティングだったのが、
しっかりスポーツカーになってました。
これは慣らしを終えてからが楽しみです。
(1週間たちましたが、まだ慣らし中です)

M曰く、「購入総額約300万のうち3分の1の価値がある」
この注目度の高いこの車に
まだほとんど出回っていないこの時期に乗っている、
という目立ちぶりと優越感にたっぷり浸れた1日でした。
スポンサーサイト

日記 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
ファーストラン 
2010/03/17 Wed 21:49:53
軽く深呼吸してから、
一杯に踏み込んでいるクラッチとブレーキ、
シフトレバーのニュートラルを確認する。
もう一度、一拍置いて、万感の想いと共にイグニッションキーを廻す。

後ろから響く、力強く、うるさいほどのサウンドが止み、
今まで何度と無く僕の背中を押してくれていたエンジンからの振動も止まる。

行きつけのディーラーに着き、
ビートでの本当に最後の運転を終えて車から降りると
そこには既に新たな愛機となるCR-Zが待っていました。

すぐに担当の整備士さんが来てくれます。
店内の奥の部屋へ案内されて、
各種説明を受け、代金を現金一括で払い(※1)、領収書を受け取って、
最後にキーを交換しました。

いくらか雑談をした後、今度は初めてのドライブに望みます。

先刻と同じく、軽く深呼吸してから、
クラッチとブレーキを踏み込み、
シフトレバーのニュートラルを確認。
一拍置いて、抑えきれない期待感と共にイグニッションキーを廻す。

今度は前方から、わずかなサウンドが響き、
これから何度と無く僕を導いてくれるであろうエンジンが動き出す。
そして控えめな音と振動の代わりにメーターパネルに光が灯り、
この車が目覚めたことを知らせてきます。

ふと以前、母が言っていた「MT車の運転は車との対話」
なんて言葉を思い出しながら(※2)
慎重に1速をつなぎ、ゆっくりと動き出します。

ディーラーの人たちに見送られ、
CR-Zのファーストランが始まりました。


(※1)我が家ではいつも車は一括で買います。
(※2)ウチの母は走り屋じゃありません。念のため。
   但し我が家で一番運転が上手い。

 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
ラストラン 
2010/03/14 Sun 00:10:21
はたと気付けば3月半ばです。
と言うことは、CR-Zの納車まで秒読み段階に入っています。(`・ω・´)
と言うことは、ビートを手放す日も秒読み段階です。(´Д`)
てかうだうだ推敲してたらもう明日です。

て事なのでお別れ旅行に
「55000km2年10ヶ月 思い出と感動をありがとう!ビート ラスト ラン 弾丸和歌山日帰りツアー ~君となら何処までも走れた~」
を2月末にやってきました。
道連れは毎度お馴染みMさんです。

結論から言えば和歌山まで行けませんでしたが。
奥三河から和歌山は流石に遠いね。日帰りは無理でした。
朝6時半くらいに出発して、途中に数回コンビニで最低限の休憩と2箇所の道の駅に立ち寄った以外、ひたすら走って三重県一周してきました。
なんで大して書くネタはないんですが、幸いにも予報が外れて天候にも恵まれ、良い道を気分良く走ってきました。

道の駅で鹿とマンボウに舌鼓をうち、休憩に寄ったコンビニでS2000オーナーに声かけられたり入江を眼下に眺めつつ、屋根を開けて空を見ながら、ワインディングを満喫出来ました。

結局1日で500kmぐらい走って帰りにMを送って終了です。


「また、いつかきっと」と言いたいです。
このビートで行きたかった場所もまだまだあります。
でも、このビートと走る事はもうありません。
買い直す事があっても別のビートです。
本当にありがとうございました。

日記 |  TB:0 CM:1

管理人のみ閲覧できます by -

writes     CLOSE▲  
…crz 
2010/03/01 Mon 12:45:53
ついにCR-Zが発売されました!
早いところは金曜日から試乗車を用意しているディーラーもあるようです。
気になってた方々はきっとこの週末に足を運んだ事と思います。

もちろん僕も週末を待た(て)ずにうっかり発生してしまった有給を大活用して発表の木曜日に行って参りました。


当然、初めて実車を見たわけですが、思わずため息が出るほどカッコいいですね。
インサイトより短い全長に、低いルーフと5ナンバーサイズに収まらないワイドボディ。

もはや古典的なスポーツカーの公式を踏襲しつつ、同じハイブリットカーのプリウスやインサイトとは一線を画す、どの方向から見ても破綻の無いラインはデザイナーのセンスと本気を感じます。

07'のコンセプトにあった、某友人曰くのメガマウスシャークのようなグリルが少しひっこんで、大人しくなってしまった感があるのは残念ですが、ほとんどそのままの形です。

ただ一つ贅沢を言えばマフラーの出口をもう少し上手に処理して欲しかったかな、と思います。バンパーの内側に完全に隠すようにするとか、もう少しデザインに気を使ってくれれば言うこと無しだったかな。

内装も特に上位グレードαになると結構な上質感がありました。
メーターパネル周辺はLEDイルミネーションを活用して未来感やサイバーな雰囲気を演出してますし、ドアグリップのメッキもカタログに強調して書いてある通りの金属の重厚さを感じさせるほどの仕上がりで、ここだけでもαにしなかったのを少し後悔したほどです。
まあこの手の車の宿命で後部席ははっきり言って使い物になりませんが、ラゲッジスペースとしては十分に感じました。
前席もビートに乗ってる僕からすれば広すぎるくらいですが。世間的には縦は十分、横はちょっと外見からすると手狭かな?て所でしょうか。
ただこのフィット感がスポーティーを演出する重要な要素ではあると思います。

とりあえずまだ試乗してないので見ただけの感想ですが、今から納車が楽しみなのと同時にカスタマイズの妄想も膨らみます!

…と同時にビートとの別れの日でもあるんですが…crz

 |  TB:0 CM:1

by A-ryo
春は、出会いと別れの季節なのさ・・・

writes     CLOSE▲  
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。