05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院生活-発端- 
2008/10/31 Fri 17:27:00
暇にかまけて三回目です。
という訳で闘病日記をはじめようかと思います。

まずは発端から今日まで追い付く予定?

では本題。
話は土曜日に遡ります。
その日は例の誕生日企画の日で、
Mさんの誕生日を祝い安城の
「温野菜」てしゃぶしゃぶ屋で食べ放題でした。

前回食べ過ぎてベルトを破損した○君は
今回、対策としてベルトを着けてこない!
という手段に出て
相変わらず一笑い提供してくれました。
ベルトを先に緩めるとかすればよい、
というツッコミが入ったのは言うまでもありません。

で、しゃぶしゃぶに舌鼓を打ち、
腹をいっぱいにして、
近場のヤミー邸で一休み。
そのまま流れ解散となりましたが
次週が夜勤で日程に余裕のあった僕は
面倒なのでヤミー邸で泊まってゆく事にしました。

で泊まったはいいが翌日、日曜の昼頃から
どうにも身体が気持ち悪い。
頭痛に腹痛(これは食べ過ぎかと思っていた)、
身体の怠さで食欲不振。
昼食に注文したカレーも数口食べるのがやっと。

これはマズイと、
どうにか症状が少し落ち着くのを待って
どうにか部屋に帰り着き、
翌月曜に会社に欠勤の連絡をし、
近くの腎臓系に強いはずの病院へ。

診断は風邪で数日の安静が必要とされました。
この時点ではネフローゼへの影響は
まだ少ないとの判断だったのか、
そちらに話はあまり触れられず
風邪薬を処方され帰されました。

どうにも怠さは酷くなり、
何も出来なくなりそうだったので、
母を応援に呼び一度実家に帰りました。

火曜日一日はひたすら安静にしつつ
様子見をしていたのですか
一向に症状は改善せず、食欲も戻らず、
日曜からわずかにゼリー飲料を口に出来た程度で、
風邪だけにしては変で、むしろネフローゼね再発に近いと判断し、
水曜に無理して再び蒲郡の病院へ行きました。
(↑車で約一時間半)

で、結局普通の点滴を打たれ、
採血検査をしただけで帰されました。
仕方なくそのまま帰ったのですが
点滴も余り効果無く、ムクミも悪化傾向にあったため、
翌日、改めて電話で問い合わせることにしました。

と、今回はここまで。

しかし、これじゃ小学生の日記だな…。
まあ、今回は追い付くのが第一だったし、まあいいかw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。