05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初夢 
2010/01/03 Sun 00:37:40
そういえば、初夢も見ました。


どこかの建物(ビル?)の屋上で、
手に大きなスナイパーライフル。
(しかも38式狙撃銃・遠雷。でも自分は生身。)
ヘッドセットの無線からの指示に従い、
遠雷を構え、スコープを覗き、
ターゲットを静かに待つ…。

程なくして、
いかにも只の一般人らしき人影がスコープに入ってくると
無線から、「奴だ、確実に仕留めろ」

特に焦りも無く、程ほどの緊張感の中、
スコープのセンターのクロスヘアに
ターゲットの頭部を正確にあわせ、トリガーを引く。

タァン!

サイレンサーによる、こもった銃声が響き
反動でわずかに身体がのけぞった。
手応えはあった。
成否の確認は後回しにボルトアクションで排莢、次弾を装填。
再び同じ方向へ銃口とスコープを向ける。

倒れた先のターゲットを、
仲間らしき数人が回収、介抱しようとしているのが見える。

「奴ら全員が危険因子だ。出来る限り排除しろ。」

次はすばやく照準しトリガーを引く。
確認もせずリロードを行い、繰り返す。
2発。
3発。
……


流石に連射で全てをクリーンヒットとはいかなかったが
ほとんどを有効打として更にリロードを行おうとした瞬間。

「まずい、近づかれた!」
ガタンっ!

無線と後ろからの物音にスコープから目を離し振り向く。
目標の1人らしき男が大型のナイフを抜いて飛び掛ってくる。

ちぃっ

舌打ちつつ、狙撃銃を手放し
ホルスターに収まる拳銃を構え
5連射。

ナイフの切っ先が鼻先3cmと言うところで止まり、
相手の身体は崩れ落ちた。

「よくやった。今ので最後の一人だったようだな。
任務終了だ。」

ヘッドセットから事務的な口調で告げられ、
ふぅ、と深く息をつく。



…って所で目が覚めたんですが、
どんなもんでしょう?
(多少の脚色アリ。
その上ゲームやら漫画とかの影響受けまくりですね。)
少なくとも一富士、二鷹、三なすび、
は見れてないと思います。
あと宝船とかも。
誰か夢判断してくれてもいいです。
その時はこっそり教えてください。

ちなみに今日の夢は覚えていない。

※ アーケードゲーム「ボーダーブレイク」に登場する
  現状で最強の狙撃銃。
  ボルトアクションには突っ込まないでください。夢だし。
  …夢の中までゲームかよ…orz
スポンサーサイト

日記 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。