05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファーストラン 
2010/03/17 Wed 21:49:53
軽く深呼吸してから、
一杯に踏み込んでいるクラッチとブレーキ、
シフトレバーのニュートラルを確認する。
もう一度、一拍置いて、万感の想いと共にイグニッションキーを廻す。

後ろから響く、力強く、うるさいほどのサウンドが止み、
今まで何度と無く僕の背中を押してくれていたエンジンからの振動も止まる。

行きつけのディーラーに着き、
ビートでの本当に最後の運転を終えて車から降りると
そこには既に新たな愛機となるCR-Zが待っていました。

すぐに担当の整備士さんが来てくれます。
店内の奥の部屋へ案内されて、
各種説明を受け、代金を現金一括で払い(※1)、領収書を受け取って、
最後にキーを交換しました。

いくらか雑談をした後、今度は初めてのドライブに望みます。

先刻と同じく、軽く深呼吸してから、
クラッチとブレーキを踏み込み、
シフトレバーのニュートラルを確認。
一拍置いて、抑えきれない期待感と共にイグニッションキーを廻す。

今度は前方から、わずかなサウンドが響き、
これから何度と無く僕を導いてくれるであろうエンジンが動き出す。
そして控えめな音と振動の代わりにメーターパネルに光が灯り、
この車が目覚めたことを知らせてきます。

ふと以前、母が言っていた「MT車の運転は車との対話」
なんて言葉を思い出しながら(※2)
慎重に1速をつなぎ、ゆっくりと動き出します。

ディーラーの人たちに見送られ、
CR-Zのファーストランが始まりました。


(※1)我が家ではいつも車は一括で買います。
(※2)ウチの母は走り屋じゃありません。念のため。
   但し我が家で一番運転が上手い。
スポンサーサイト

 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。