05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/23 Wed 18:33:17
今日は朝から雨だった。

バイトは少し遅刻してしまったが、それ以外の仕事はつつがなく済ませ、
ついでに食材を少し購入して帰途につく。

しとしとと古びた幌を敲く雨音をBGMに、E07A(エンジン)のサウンドを響かせる。
ドンヨリと薄暗く立ち込める雨雲を振り払うようにヘッドライトを点灯させた。


思えば、この時すでに事は始まっていたのかもしれない…。



雨である以外はいつも通りに、駐車場に車を停めて、
買った惣菜が冷めない内にと部屋へ急いで駆け込む。

この時点で、AM11時前頃だったろうか。

玄関を上がると、その足でレトルトの白飯を電子レンジにかける。
その間に上着を脱いで、手を洗い、いそいそと惣菜の包装をはがす。
ちょうどいいタイミングで電子レンジのブザーが鳴り
箸と牛乳を用意して、朝昼兼用の食事を済ます。

食休みがてら、休止状態のパソコンを立ち上げ
定期巡回しているHPやブログ、ニコニ○動画のチェックをして
うっかり昼過ぎ……1時過ぎ……っ!?。

はっ!と気づくとPM1時を過ぎ、
流石に学校へ行かないと作業が進まなくなるので出発することにする。

コートを羽織ってリュックの中を確認、PSPを持っていくか少し逡巡して、
そんな暇も無いか
と、やめにする。(無駄に持ってくには重いしね)
携帯と音楽プレーヤーをコートのポケットに落とし込み、鍵束をつかんで玄関の扉を開けた。

遅れている卒論と相変わらず降っている雨に気分を憂鬱にさせられながら、
それでも乗り込むだけで気分が良くなる愛車のドアを開く。

僕は大柄というほどの体格ではない(と思う)が、
それでも窮屈に感じる狭い車内に身体を収め、その勢いのまま荷物をナビシートへ放る。

少し腰を捩って位置を正してほとんど無意識に右手はハンドル、左手はシフトノブへ。
シフトのニュートラルを確認と同時に左足はクラッチペダルを押し込んでいる。
右手をハンドルから放し、横のイグニッションキーをひねる。

この瞬間。

すでに幾度と無く繰り返した筈なのに、
この瞬間の言い表せない高揚感だけは薄れることが無い。

このビートという小さな車が目を覚まし、
「さあ!ガソリン代なぞ気にするな、この俺を走らせろ!」
と語りかけてくるのだ。


しかし。
今日この時は違ったのだ。

いつもなら
キュルキュルル…ブォーーン
とセルモータに続いて、今時の車に比べやや高い回転数でアイドリングをはじめるのだが、
今回はセルモータの音さえ響かない。

そう、まるでバッテリーが上がってしまった時のような…!

まさか!?

恐る恐るハンドルのスポークの間からウインカーのレバーを、
正確にはその先の部分、ヘッドライトのスイッチを見ると…

───┬───┐
    │OFF  │
    │○    │(←スモール)
   ⇒│◎    │(←メイン)
───┴───┘
と、上記のような状態になっているではないか!
前方の壁を見ればヘッドライトの照り返しは無く…。
もちろん乗り込んでから、そこに手を触れた覚えは無い。

その瞬間、バイト帰りの運転中の記憶がフラッシュバックする。

確かにあの時僕は辺りの薄暗さに、ヘッドライトを点けた記憶がある…。
そして車を降りる瞬間は、まだ温かさが残った惣菜を気にしていた記憶しかない!

僕は確信する。
バッテリーをあげてしまったと。

焦る気持ちを抑えつつ、ライトのスイッチをOFFに戻し、
エアコンもOFFであることを確認、挿しっぱなしのシガーソケットの器具も外して、
一縷の望みを託し、再びイグニッションキーをまわす。

カチ、という僅かな音と共に警告ランプ類が一瞬だけ点灯するも、
セルモータは動かず…。

どうしようもない虚脱感に包まれつつ、
車での通学は諦めて、対応は明日に後回し、
徒歩で学校に向かうことにしたのである。

ああ、これも本厄の効能か…。
あれほどライトの消し忘れに気をつけようと誓っていたのに!


後は、今日帰ったら、僅かでも回復して、セルが回るのを願うのみ。
駄目だったら部活の後輩辺りに車出してもらって救援してもらおう…。

OTL
ちなみに。
ヘッドライトを点灯けた理由は、
以前、夕方の暗くなり始めの時間帯に点灯けてなかった所為で
事故を貰った事があるためです。
過失割合もヘッドライトの非点灯で5%くらい持ってかれた(と思ってる)ので。

以来、少し暗くなると、すぐスモールでなくメインを点灯するようになりました。

皆さんも事故防止のため、早めの点灯を心がけましょう!
…最近の車は消し忘れ防止のアラームとか付いてますしね(^^;

前に乗ってたパジェロミニはアラートの上、一定時間で自動的に切れる機能が付いてました。
忘れっぽい自分は、いかにソレに頼っていたか!
後付でそういうアラーム、付けれないかなぁ?

あと、今日は少し頑張って、一人称の小説(ラノベ)風にしてみました。
思ったより時間かかった。
明日の、研究室の中間発表で、まだ発表用のパワーポイントが手付かずなのは秘密。
スポンサーサイト

日記 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。