09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁護士とヴァイオリン 
2008/02/25 Mon 21:03:53
一昨日、土曜日。
従兄妹のお姉さんの結婚式がありました。
そのお姉さんは僕とわりかし歳が近いこともあり、良く遊んだり、最近でもたまに話したりと
仲良くして貰っていた従兄妹なんですが、そうですか。
結婚ですか。

彼女の末永い幸せを祈るばかりですが。

まあそれはともかく。
その結婚式に出席したわけですよ。未だ慣れないスーツを着て。
で、そのまま当然披露宴に出席したんです。

そうしたら、なんか色々凄かったんですよ。

会場は名古屋城近くの何かやたら格式の高そうなホテルでした。
まず、結婚式の音楽、賛美歌は全部生演奏!
披露宴も全部は流石に無理ですが主要な場面では生でした。

披露宴の出席者はおよそ200人近く、その3/4は新郎側の人で、
しかもその肩書きは弁護士やら大手保険屋やらそうそうたる顔ぶればかり!
変わりどころでは東海ラジオの天地鎮雄さん(あまちんさん)がいたりしました。

それもその筈、新郎さん自身が弁護士で、親から継いだ事務所も持ってるという勝ち組っぷり!
すると自然と周りも同業者やら取引先やらビッグネームが幾つか並ぶわけです。

そして新婦側も数こそ少ないもののインパクトでは負けてはいない!
その肩書きはピアニストやらヴォーカリスト、ヴァイオリニストなどなど。
さらにトドメに愛知県周辺に住んでいるなら誰もが知っているであろう、あのCMで有名な
「名古屋、清水口の○宝堂」の社長とか来てましたよ!
生で見ちゃいました、あの社長。

ちなみに彼女は音大卒でヴァイオリン奏者です。
なので、この生演奏は彼女の知人や学友たちによる、本物の演奏だったわけです。
で、なぜ美○堂が出てくるかといえば、彼女はそのCMに出演したことがあり、
それが縁で社長のイベントなどでチョクチョク演奏を頼まれていたらしいのです。

いやー、料理もえらく高級食材とか平気で使ってたし、予算、幾らだったんでしょう?
流石、勝ち組弁護士は違うねぇ…。
スポンサーサイト

日記 |  TB:0 CM:0

writes     CLOSE▲  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。