05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
空理空論:実際とはかけ離れた役に立たない理論、無益な議論。                   空々寂々:ひっそりと寂しいさま。無我、無心であるさま。      …『広辞苑』より
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/02 Wed 21:41:16
ちょっと時系列が前後します。
社会人1年生の春なので色々忙しく落ち着けてないので、更新も不規則なことになってます。
イベントも多かったし。

もう6日も前になりますか、就職前の最後の休みを満喫中の友人二人と秋葉神社に行ってきました。
神社好きでミコスキー仲間の友人Kと化学薬品とバイクが好きな友人Kがお供です。
…って、今更気付いたが、あいつらイニシャル一緒か!
まあいいや、ミコスキーのMとやつのあだ名からWにしとけば判り易いかな。

で3人はビートに乗らないので、Wの部屋が道中にあるので、そこでWの車に乗り換えです。
まだ買って1ヶ月たってないスバルのプレオさんです。
スーパーチャージャー付き、4WD、電磁クラッチ式CVTの7段スポーツシフトという、
見た目に反して意外とアツイやつです。
スバル_プレオ
…燃費は結構悪いらしい。

で、僕は257走破明けだったし人の車なので、運転はお休みです。
途中、Wの趣味でR362沿いの道の駅、いっぷく処横川に寄った所で僕の意識が戻りましたw
駐車場の横にいい感じの古いポルシェがいたんですが、残念ながら携帯にカメラが付いていなかった…。

で、まずは下社へ。
ここからは僕とMのターン!深く静かに大はしゃぎです。
秋葉_下社_1
入り口の所

秋葉_下社_2
中でちょうど御払いやってたので眺めました。
なんか御払いに使う御幣(神主さんがバッサバッサ振るやつ)が金属製で、
バッサ…と言うより、ヂャラヂャラーって感じで珍しいです。

秋葉_下社_4
バス停

神主さんだけでなく巫女さんも常駐してるっぽくて、思ったよりしっかりしてました。
いい神社だ!

境内の前の辺りは猫さんが4匹もたむろしてて、和みました。
前のお土産屋さんで飼ってるのか餌付けてるのか…。

で、次は細い県道を通って上社へ。
事故多し_県道286
事故多し
事故多し_県道286
でも途中、綺麗な桜も見れました。
道は細いですがw

で、曲がりくねった山道を延々(と言いつつ数十分)登って、ようやく上社。
秋葉_上社_1
で、やっと着いたと思っても、更にかなりの石段が我々を待ち受けていた!
と、引いていたのは運動不足の僕だけでしたが…。

秋葉_上社_2
石段の途中の斜面で鹿さんが飼われていました。
つぶらな瞳です。

秋葉_上社_3
2,3年前に直したらしい立派な門です。

秋葉_上社_4
まさかの金ぴか!鳥居です。

秋葉_上社_5
ジュビロの巨大絵馬が奉納してありました。
普通サイズのやつも販売していて、
熱狂的なジュビロファン達から奉納された物もたくさん境内に架かってました。

秋葉_上社_6
秋葉_上社_7
とにかく、色んな所が整備されていたり立派だったりと、神社にしては結構派手目な感じでした。
もちろん立派な社務所には神主さんや巫女さんをはじめ、
少なくとも数人の職員(と言っていいのか?)がいました。
今思えば、やっぱジュビロのおかげなんでしょうかね?

前の熱田と合わせて久々のMP回復が出来ました。

何にせよ、思ったより近かったので、そのうち祖母でも連れて、また行こうかと思っています。

まさかの朱印帳を忘れるという大失態を犯してしまってますし。
これも本厄のせいか!?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 空理空論空々寂々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。